スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
パリ茶 その途中
パリへの途中。
ベトナム、ハノイのちょっと滞在記。



ハノイは曇り空だった。
飛行機を降りると、ムッとした空気に包まれる。
パリへの乗り継ぎは9時間後。
荷物はほとんど飛行機の中、バッグひとつで入国。
お金を替えて、案内所で地図を貰うと、タクシーでハノイ市内へ向かう。

おびただしい数のバイクをクラクションで追いやり、
タクシーは50分ほどでドンファン市場へ着く。
衣料品、服飾雑貨を中心に、あらゆる店が所狭しと並ぶ。
食べ物、排ガス、汗、お香を混ぜ合わせた空気が立ち込めている。

市場を出て、町歩きへ。

この辺りは旧市街と呼ばれるエリア。
2階建ての建物が、6mほどの道の左右にびっしりと並び、
その間をバイクがびゅんびゅん走り抜けて行く。

1階はほとんどが小売の店舗で、
エリアごとに同じ内容の専門店がひしめいている。

工具、おもちゃ、服、調理器具。
竹や、ブリキ細工も。

小腹が空いたので、おいしそうなもの探し。

店の外で、寸胴で丸鶏をぐつぐつ、
美味しそうなスープをとっているところを見つける。
フォーにできるか、と聞いたら、OK、とのこと。

これが美味しかった!

あっという間に食べてしまって、写真を撮っていない。
食後のコーヒーの図。
IMG_0122_convert_20120617012101.jpg

元気充電して、更に町をふらふら。
骨董屋をいくつか巡る。

ここで、パリの相棒に出会う。
ベトナムの焼き物。
説明を聞いたのだが、まったく聞き取れなかった。
書いてくれたメモも、ベトナム語で読めない。
ゆえに詳細は不明だけど、とてもやわらかな色。
釉は透明、素地の土の色がそのまま映っている。
水をつけると、かすかに土のにおい。発掘品かな。
少し湯に浸ければ取れるだろう。
割れないように、しっかり梱包してもらう。

夜。
ゲストハウスでシャワーを借り、
裏路地で焼き鳥とビールを少々。
IMG_0506_convert_20120617022957.jpg


そして深夜。
茶碗を抱え、空港へと戻ると
国へと帰るフランス人に混じり、パリ行きの飛行機へ乗り込んだ。

to be continued...

【2012/06/17 01:15 】 | 鴨茶日誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | パリ茶>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/06 18:45】| | #[ 編集] |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/01/24 04:23】| | #[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dailuck.blog47.fc2.com/tb.php/78-4fee4738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。