FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
パリ茶
パリ茶会。

Effel


ツイッターではつぶやいてきたけれど、
4月末~5月上旬、パリへ行って参りました。

きっかけは昨年12月頃、1通のメールでした。

『パリのアクリマタシオン公園で、釜を掛ける機会を頂きました。
よろしければ、いらっしゃいませんか?』


送り主は、ゆうこさん。
同じ稽古場の姉弟子さん。
今はパリに住まいながら、お茶を教えていらっしゃいます。
ホームページはこちら

お美しい上に、素晴らしいバイタリティの持ち主。
かつ、2児の母!

お茶会の概要はこう。

4月から5月上旬にかけての約1ヶ月間、アクリマタシオン公園で、
日本の文化を紹介するイベントが行われる。
特設のお茶室で、お客様にお茶を振舞うそう。
他のグループと交代で行うのだけれど、
やや釜を掛ける期間が長いため、
よろしかったらお手伝いがてら、いらっしゃいませんか?ということ。

うーん、としばらく悩む間、
お茶室の写真やら、
進捗の連絡やらをくれて、
巧妙なゆすりをかけるゆうこさん。

そして、ソマ様

『私、行こうかな~。』

・・・!


行くことにしました。
2人行くので、これはもう鴨ん会活動に相違ない。
さらにお話を聞くと、数日は私たちメインで席を持ってよいとのこと!

さて、趣向だ。
パリの方々に、何を伝えようか。

フランスの喫茶といえばカフェ。
エスプレッソをサクッと飲んで颯爽と歩いてゆくのだ。

それに比べて茶の湯。
たった一碗お茶を作るのに、モソッと座り、
あんなに面倒なプロセスを踏むのか、謎なはず。
この辺に焦点を合わせよう。

そして、待ちわびること数ヶ月。
いよいよ出発。

ソマ様は先に、南仏でゆっくりしてからパリ入り。
私はベトナム、ハノイ経由(9時間トランジット)。

さぁ、パリへ。


to be continued...

【2012/06/13 01:43 】 | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<パリ茶 その途中 | ホーム | 一服献上! ー22ー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dailuck.blog47.fc2.com/tb.php/77-867dd953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。