FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
国民文化祭 大山崎大茶会 その2
<続き>

が 今回は ゆったり。
開館時間になったけれど、
お客さまは まだいらっしゃる様子はない。

天気は穏やか。
やや雨の振りそうな空だけど
気温はちょうどよい感じだ。



さて、このお茶室
京都の一級建築士事務所 expoさんが作ったもの。

ホームページを拝見すると
手がけられた建物は どれもグッとくる!
ブログには、お茶室の製作過程も載っています。
是非。

ホームページ

ブログ

expo 武田さん、山田さんと
今回の企画を井出上さんと一緒にされた 美術館の山城さん
3名様を、お席にお招きしました。
kamocha oyamazaki1

お茶のあれやこれやを
お話をしながら一服。

expo 武田さん、

 お茶室のお話も時々いただくんです

ということで
お茶には興味津々のご様子。

鴨ん会の活動の話から
(なぜ そんなことを?)
お茶の楽しみについて
(何が 魅力?)
今回の お茶室の使い方について
(なぜ この配置に?)
道具について
(茶道具ではないもの 見立て)

さまざま お話ししました。

見立て についての話がとても面白かった。
利休は色々と 外から茶室に道具を持ち込んだ
桂川で魚を釣る漁師が 腰につけていた 魚籠
いい形ではないか!
と、花入れに。

何でもその気になると
お茶に持ち込める!

というような話。

山城さんがつぶやく

 デュシャンですね



 うん あの「泉」の形 仏様に似てる っていう人もいるんですよ


利休とデュシャン。
先入観を取っ払った、素直な目で、
もの・ことを捉えていたんだろうな。

同じようなことを考えている人、いるんじゃないかな、
と この機にgoogleさんに

「利休 デュシャン」

で聞いてみたら、やっぱりいた!

武者小路千家の若宗匠、千宗屋さんと
現代美術家 杉本博司さんの対談。
リンクは何やら申請がいるようなので、検索してみてください。。。

そんなこんなで、
30分近く話し込みました。
もっとお話していたかったけど、そういう訳にも参りませぬ。



ちょっと長くなりそう。
たくさん書きたいので、小出しにします。


本日献上数:3服
累計献上数:210服
スポンサーサイト
【2011/12/07 02:41 】 | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。