スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一服献上! -19-
多少日誌が前後するけど、新しいほうからUP。


2011年6月5日(日)
10:00~
鴨川荒神口下る辺り
ひとり


やや気温は高いけど、通る風は涼しい。珍しく荒神口の辺りまで来た。

親子連れや、芝生に寝転がる人が多い。穏やかだ。

鴨川最前列のベンチに腰掛けて、パンを食べて、セットを広げる。さて、一服献上。

kamocha_koujin


いつもの如く、不思議な目で眺められる。
そういう方は、実に絶妙な、声をかけがたい距離を保ちながら遠巻きを歩いてゆく。
私の伸ばしている境界線がどの程度か分かって、実に面白い。

その線をひょいと飛び越えて相手に近づくと、
窮屈そうに身を反らして

「はぁ」

と言って歩き去るか、ふっと心がこっちに向いてくれるか、どちらかだ。
その辺りが勝負ですな。

何人かと境界線の確認を交わした後、川上から、元気なおじいちゃんがやって来た。

何やってるの?…お茶?やるねぇ!

そうなんですよ、一服どうですか?

へー、それじゃもらおうか。

お湯を温め直し、一服差し上げる。

久しぶりだねぇ、お茶なんて。回したりするの?

大きくて、太い手だ。

まぁまぁ、気持ち良く召し上がって下さい。

くいくいと飲む。
口を緑色にして、茶碗を返してくれる。

あーうまかった!ありがとうね、兄ちゃん!

いえ、こちらこそ。

一服して落ち着いた様子。話し好きな方で、話し出したら止まらない。





しかしこのおっちゃん



悪い!


もうここには書けないくらいの悪っぷり。

もう、聞けば聞くほど悪い話が出るわ出るわ。

けどなぁ
お茶を召し上がったときの、晴れ晴れした笑顔は、とてもよかったなぁ

近くで遊ぶ男の子の、サッカーボールが転がってきた。

さっと投げ返してあげるおっちゃん。

うーむ。

武勇伝を聞くとあれだが…
このおっちゃん、性根はいい人かも。多分。



そんな調子で、悪の手ほどきを受けていると、おっちゃんの知り合いのおっちゃんがやってきた。

おう、今お茶もらってるんだ!タナカさんも飲んでいきなよ!

…お茶?うん。

タナカさんはちょっと無口みたい。

差し上げると、すいっと飲んでくれる。気持ちいい。

お二人ともすっかりくつろぎ、芝生へ寝転がる。


悪トークは続く。
川風が気持ちいい。
お昼過ぎ、穏やかに鴨川は流れてゆくのでした。


本日献上数:2服
累計献上数:110服

by fuku
スポンサーサイト
【2011/06/23 13:00 】 | 鴨茶日誌 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。