スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一服献上! -13- その2
さてさて、久しぶりの更新です。
ときどき覗いてくださっていた方、ごめんなさい。
たくさん休みすぎて、気力は十二分。
いろんなことがありました。
ぽつりぽつり、書き綴ります。どうぞ見守ってください。




<つづき>


お酒が入って、リラックスした雰囲気。

つらつらとおしゃべりが続く。



 お金は9割5分、写真につぎ込んでます。
 これで食べていきたい。


 学校が楽しくてしょうがないんですよ。
 写真を勉強できるのがほんとに楽しい。


 夏休み、早く終わらないかなぁ


腹が据わっている。私なんかよりずっと。


人はたくさん通り過ぎていく。



お茶点ててみない?

 いいんですか?

もちろん。

写真少年は臆せず、てきぱき進めていく。

 お茶はこれくらい?

うんうん。

 お湯はこれくらい?

そうそう。

足なんか組んじゃって、スマートだ。
kamocha_kamechann.jpg

はい、どうぞ。大丈夫かな。

ずずっ。

いいね。おいしい。

 ほんとですかー

ほんと。
これは嘘なし。

ゆるやかで、幸せな空気。




古い、ガタイのいい真っ黒な自転車にまたがった彼は、
突然、ふらっと現れた。

 お茶してるの、へー

いかがですか?

 うん、もらうもらう。

超オープンな雰囲気を察知。只者ではないぞ。
ラフな格好、ビーサン。
からっとした、底のない感じ。


お茶、されてたんですか?

 いや、禅の修業をしててね、そこでちょっとね。

なるほど。
その雰囲気か。

今は京大近くで、ゲストハウスを経営しているらしい。
齢のほどは30過ぎ。


話し始めると、もう、次々とパンチをくれるお兄さん。


ナウい禅僧の話。
○○寺のあいつはやばいね、本物だね。
とか。

丹田の話。
まだ据わってないよね、参禅したほうがいいよ。
とか。
(※丹田(たんでん):へそのちょい下辺り、ここに気合をためて何やらする。)

ビジネスな話。
中国で老人ホームしたら儲かるよ~
とか。


他にも色々、只者ではないストーリーが展開されたのだけど、インパクト強すぎて忘れてしまった。
書けないことも少々。
あー すごかった。


亀ちゃん、ごめん。夢中になって黒自転車のお兄さんと話しすぎた。


ひとしきり話をすると、お兄さんは じゃあ、 と言って帰ってゆく。

また来てください。
気が向いたらやっているんで。
あー すごかった。




時間があっという間に過ぎる。
もう10時過ぎ。

ファイアーパフォーマンスのけーすけさんは、河原でがんばっている。
私たちは撤収。

ありがとうね、亀ちゃん。また飲みに行こう。
じゅんじゅんも、ほんとにお付き合いありがとう。感謝です。

夜はまだ涼しい。
鴨川さまさまです。

まだざわざわとした気配でいっぱいの三条を後に、
のんびり岐路へつきましたとさ。

kamocha_moon, high
written by 福


今回献上数: 1服
累計献上数: 71服
スポンサーサイト
【2010/08/01 02:34 】 | 鴨茶日誌 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。