FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一服献上!? -10、番外編-
鴨茶も盛況に終わり、いい気分でお稽古へ。

こんにちはー と先生のお宅に入ると、
先生、数名の生徒さん&お客さんに、何やらパソコンの画面を見せている。

 Oh, 福!Where is your kamo-cha blog?

紹介してくれていたようだ。先生、ありがとう!
そしてごめんなさい。。。英語で「kamo-cha」と入れても、
Googleさんでは引っかからないんです。。。
これはいずれ何とかしよう。

しかしナイスタイミング。

ささっとこのブログを見せたけれど、
やっぱり実際にした方が分かりやすいよね!

ごそごそと用意。

 おぉぉー

ぱちんと火を点ける。

 おぉぉー!

湯が沸く。

 おぉぉー!!

茶を点てる。

 おぉぉー!!!

いつになく好評!
どうぞ。
生徒さん(お母さん)へ。

 これはおもしろいですね!

でしょ。おもしろいんです。点ててみます?

 わー、いいんですか?

もちろんですとも。

鴨茶 番外編①




興味深々なのは、生徒さんだけではない。

生徒さんのお子さん×2、お客さんのお子さん×3

は、ままごとのようなお茶が、気になってしょうがない様子。


ふふふ。

やってみるかい?

 うんっ!!×5

目をキラッキラさせてうなずく子供たち。


群がる、群がる。

鴨茶 番外編④


あっという間に奪われました。

鴨茶 番外編②



でも あぁ


鴨茶 番外編③



いいなぁ。


鴨茶 番外編5



お茶なんてなーんにも知らない子供たちが、
見よう見まねだけで点てっこしている。

美味しそうに飲む。

誰も、苦い!なんて言わないのだ。

ちょっと飲ませて、

と、みんなで飲み回しているのを分けてもらった。



うーん。 おいしい。

そう伝えると、嬉しそうにニヤリとした。





見栄とか、かっこつけとか、そんなものは一切なくて、
美味しくお茶を点てようと必死に茶筅を振る姿、よかったなぁ。


  Please leave them alone, 福.

はい、先生。
そうします。




大人が去った後、
彼らはもう、
それはたくさん、お茶を点てたのでした。


今回献上数:  1服+α
累計献上数: 40服+α

written by 福
スポンサーサイト
【2010/05/07 02:28 】 | 鴨茶日誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。