スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
3つのTEA CUBE
日誌はさておき(さておいてはいけないんだけど。。。)、素敵なお知らせ。


お話は、3ヶ月ほど前にさかのぼる。
twitterでフォローした、@SadoSamuraiことMr.Adamより、ツイートが。


メレボルンのYarra川沿いでも茶振舞いが出来るCUBEを創意工夫中です。
@kamonkai 鴨ん会の方々、素敵!影響与えて頂き、感謝です。



Adamさんは、オーストラリア・メルボルンで、茶道の先生をしている方。
私たちの、CUBEの活動をご覧になったそう。
嬉しいです!是非作って、できたらまた教えてください!
と、メッセージをお送りしました。

そして先日。

Mr. Adamからメッセージが。


@kamonkai 鴨ん会の素晴らしい作為創意のお蔭で
THE CUBEのオーストラリアン・バージョンが出来ました!真に有難う御座います。



おおお!できたんだ!
と、お送り頂いたリンクから拝見すると。。。


どーん!
CUBE1

そう、Adamさんのは竹製!


Bamboo+cube_9_convert_20120201020207.jpg

道具もいいなぁ
風炉(瓶掛)のアイデアは素敵だ。



Bamboo+cube_6_convert_20120201020006.jpg




これで、TEA CUBEは世界に3つ。

New York, USA by Pierre Sernet
BL34050_convert_20120201022324.jpg


Kyoto, Japan by Kamon-kai
P1020268_convert_20120201023050.jpg


Melbourne, Australia by Adam Wojcinski
Bamboo+cube_10_convert_20120201020126.jpg

早速、TEA CUBEの創作者、Pierreさんにメールをお送りしたところ、暖かい返信をいただきました。
その中の一文、

’One Tea cube is strange, two is interesting, three is a trend....’

に、グッときた。
世界に広がれ、TEA CUBE!

written by fuku
スポンサーサイト
【2012/02/01 01:45 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
一服献上! ー21ー
秋来ぬと、なんてつぶやきたくなる、そんな宵。
さぁ、Nightだ。


2011年9月10日(土)19:30~
三条鴨川ちょい上がる
ソマ、コマツ、福 (Special thanks:チヒロ)


「CUBEを鴨川へ持ちだして、一晩中お茶を点てまくろう!」

そんな私の提案に適切なブレーキをかける、良識あるメンバーに囲まれて幸せです。
だから3時間くらいで帰ります。
ともあれCUBE、鴨川デビュー。

CUBEの準備に思いのほか時間がかかり、30分overでスタート。
しかし、一式全部タクシーに乗ることが分かったのは収穫だ。

河原へ降りて、設置場所を検討。
お客さんに川を向いてもらう方向に据える。
組み立て始めれば早い、15分もすれば出来上がり。

P1050469_convert_20111010104700.jpg

P1050470_convert_20111010104718.jpg


川風は、とても涼しい。
寒い、へはあと一歩だろう。

CIMG6310_convert_20111005023317.jpg


さぁ。




鴨☆Night、大盛況でした。
来てくださった皆様、本当にありがとうございます。

そして、あまりに人がいらしたため
ブログで思い出を積んでいくと、膨大な量に。。。


ゆえ、たくさんの写真たちから、愉快さを感じてくださいませ。


本日のゲストの方々。

・ソマさまのご両親
いつも応援してくださって、ありがとうございます。
このご夫婦はいつもニコニコでおおらか、ソマさんが生まれる理由がわかる。
P1050477_convert_20111010104923.jpg

P1050479_convert_20111010105003.jpg


・ウエヤマさん
・フジくん
・ちゃけさん

ウエヤマさん、フジくんは、またまた遊びに来てくれた!嬉しい。
CIMG6317_convert_20111010104819.jpg

ウエヤマさんはお茶まで点ててくれた。
楽しんでくれた様子、よかった、よかった。
P1050473_convert_20111010104852.jpg


・酔ぱらったお兄ちゃん2人
 あ、写真撮ってない。。。大変できあがっておられる、2人組でした。


・留学生のお姉さん2人
 外国の方の多くがそうだけど、声をかけたらためらうことなくフラッと入ってくれる。
 この周囲へのバリアの低い感じ、とても好き。
DSC_0243_convert_20111010105037.jpg


・レイコさんとお兄さん
 建築事務所に勤めてらっしゃるそう。
 茶室を作ろう!とお誘いしたけれど、どうなるかしら。
DSC_0248-1_convert_20111010105140.jpg


・DoREDさん
 こと、キミハルさん。
 つい先日、四条高島屋の横、実に絶妙な場所で歌ってらっしゃるところを、
 通りがかって、すごく心地良い歌で、お声掛けして、意気投合。
 この方とお話を始めると長くなってしょうがない。
DSC_0250_convert_20111010105302.jpg


以上、だいたい順不同。


やっぱり、CUBEいいな。
みんな楽しそうで幸せそう。もちろん私たちも。

横を通ってゆくひとたちに、
「お」
とか
「え?」
とか
「ん?」

とか、思わずニヤリとしちゃう「間」がある。

この、今までの経験則やら先入観やらで捉えられないものを見た時の
一瞬、虚を衝く、言葉にならない「間」。
頭の中に「理解」という名の新しい回路ができるまでの、わずかな時間。


鴨ん会は、これからもそんな「間」を作っていきたい。
たぶんそれは、お茶の本当の姿を映す有効な方法だ。


鴨川の夜は更け
なんだかんだで当初予定時刻はとっくに過ぎて深夜1時になるのでした。

た、楽しすぎるよ、CUBE。。。


本日献上数:12服
累計献上数:128服
written by fuku
【2011/10/10 01:07 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
鴨ん会、ツイートはじめました。
@kamonkai

神出鬼没すぎる、というお言葉をたくさん頂いていたので
主に鴨茶予告に使おうと思っています。

鴨ん会は、こんなお茶をしたい。
というようなことも きまぐれにのっけていきます。

ブログ更新がのんびりなので、
こちらで少しでも どんなことしているか、考えてるか
お伝えできたらいいなーと思います。

暖かくなり、鴨茶日和が続きます。
すでに何度かしているんです、実は。
素敵な出会いもありました。詳しくはまた。

written by 福
【2011/04/19 01:38 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
聖徳庵
ついにできた!

私とソマさんの通うお稽古場、聖徳庵。
そのホームページができたのです!
あぁ、これでちゃんとお伝えできるぞ。
聖徳庵ホームページ

Jack先生は、仏教をベースにしたお茶を教えてくれる。
お稽古も、点前の順番やらはもちろん教えてくれるけれど、それよりたくさんの時間、心を教えてくれる。
(熱くなりすぎて、お稽古終了が時々深夜0時を回ったりするのだ)
 

だから、ホームページに書いてあることも、正直言ってやや難しい。
仏教ワードがぽんぽん飛び交ってます。
その辺りは、雰囲気だけ掴んで読んでくれたらいいんじゃないかと思います。


近々、フォトギャラリーもUP予定とのこと。
こうご期待!

written by 福
【2011/01/09 02:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。