スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
パリ茶 その途中
パリへの途中。
ベトナム、ハノイのちょっと滞在記。



ハノイは曇り空だった。
飛行機を降りると、ムッとした空気に包まれる。
パリへの乗り継ぎは9時間後。
荷物はほとんど飛行機の中、バッグひとつで入国。
お金を替えて、案内所で地図を貰うと、タクシーでハノイ市内へ向かう。

おびただしい数のバイクをクラクションで追いやり、
タクシーは50分ほどでドンファン市場へ着く。
衣料品、服飾雑貨を中心に、あらゆる店が所狭しと並ぶ。
食べ物、排ガス、汗、お香を混ぜ合わせた空気が立ち込めている。

市場を出て、町歩きへ。

この辺りは旧市街と呼ばれるエリア。
2階建ての建物が、6mほどの道の左右にびっしりと並び、
その間をバイクがびゅんびゅん走り抜けて行く。

1階はほとんどが小売の店舗で、
エリアごとに同じ内容の専門店がひしめいている。

工具、おもちゃ、服、調理器具。
竹や、ブリキ細工も。

小腹が空いたので、おいしそうなもの探し。

店の外で、寸胴で丸鶏をぐつぐつ、
美味しそうなスープをとっているところを見つける。
フォーにできるか、と聞いたら、OK、とのこと。

これが美味しかった!

あっという間に食べてしまって、写真を撮っていない。
食後のコーヒーの図。
IMG_0122_convert_20120617012101.jpg

元気充電して、更に町をふらふら。
骨董屋をいくつか巡る。

ここで、パリの相棒に出会う。
ベトナムの焼き物。
説明を聞いたのだが、まったく聞き取れなかった。
書いてくれたメモも、ベトナム語で読めない。
ゆえに詳細は不明だけど、とてもやわらかな色。
釉は透明、素地の土の色がそのまま映っている。
水をつけると、かすかに土のにおい。発掘品かな。
少し湯に浸ければ取れるだろう。
割れないように、しっかり梱包してもらう。

夜。
ゲストハウスでシャワーを借り、
裏路地で焼き鳥とビールを少々。
IMG_0506_convert_20120617022957.jpg


そして深夜。
茶碗を抱え、空港へと戻ると
国へと帰るフランス人に混じり、パリ行きの飛行機へ乗り込んだ。

to be continued...

スポンサーサイト
【2012/06/17 01:15 】 | 鴨茶日誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
パリ茶
パリ茶会。

Effel


ツイッターではつぶやいてきたけれど、
4月末~5月上旬、パリへ行って参りました。

きっかけは昨年12月頃、1通のメールでした。

『パリのアクリマタシオン公園で、釜を掛ける機会を頂きました。
よろしければ、いらっしゃいませんか?』


送り主は、ゆうこさん。
同じ稽古場の姉弟子さん。
今はパリに住まいながら、お茶を教えていらっしゃいます。
ホームページはこちら

お美しい上に、素晴らしいバイタリティの持ち主。
かつ、2児の母!

お茶会の概要はこう。

4月から5月上旬にかけての約1ヶ月間、アクリマタシオン公園で、
日本の文化を紹介するイベントが行われる。
特設のお茶室で、お客様にお茶を振舞うそう。
他のグループと交代で行うのだけれど、
やや釜を掛ける期間が長いため、
よろしかったらお手伝いがてら、いらっしゃいませんか?ということ。

うーん、としばらく悩む間、
お茶室の写真やら、
進捗の連絡やらをくれて、
巧妙なゆすりをかけるゆうこさん。

そして、ソマ様

『私、行こうかな~。』

・・・!


行くことにしました。
2人行くので、これはもう鴨ん会活動に相違ない。
さらにお話を聞くと、数日は私たちメインで席を持ってよいとのこと!

さて、趣向だ。
パリの方々に、何を伝えようか。

フランスの喫茶といえばカフェ。
エスプレッソをサクッと飲んで颯爽と歩いてゆくのだ。

それに比べて茶の湯。
たった一碗お茶を作るのに、モソッと座り、
あんなに面倒なプロセスを踏むのか、謎なはず。
この辺に焦点を合わせよう。

そして、待ちわびること数ヶ月。
いよいよ出発。

ソマ様は先に、南仏でゆっくりしてからパリ入り。
私はベトナム、ハノイ経由(9時間トランジット)。

さぁ、パリへ。


to be continued...

【2012/06/13 01:43 】 | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
一服献上! ー22ー
何事もなかったかのように、再開しますね。

2012年6月3日16:00~
三条鴨川
ひとり


40%の降水確率をはねのけ、夕方には日も射す、よい天気。
今、一番いい季節の鴨川で、一服献上。

いつものベンチは、すでにたくさんの方。
ちょっと奥の、お地蔵さんのお隣をお借りする。

座し、水を撒く。
用意を整え、湯を沸かすと、まずはお地蔵さんへ一服。

さあ。



最初に声を掛けてくれたのは、雰囲気のあるおばさま。

 あら

と立ち止まり、じっと点前座を見つめる。
こんばんは、と声をかけると、びっくりしたように、

 お茶したはるの、

そうなんです、お茶しています。
よろしければ、一服いかがですか?

 いや、えぇわ。はぁ~こんなところで・・・!

お稽古されてらっしゃるんですか?

 いえ、教えているのよ。

うわ、そうでしたか!
時々いらっしゃる、先生クラスのお客様。
その後、
お家元がご覧になったら喜ぶわよ、とか、
学生さん?とか、
(この質問に『いえ、社会人です。』と答えるとき、
いつも一抹の恥ずかしさがあるのはなぜ)
お茶は何を使っているの?とか
(朝宮茶でした)のお話の後、

がんばってね!

スタスタと歩いて行かれた。
よい雰囲気だった。
あの、びっくりしたお顔が忘れられない。
一服差し上げたかったなぁ。



次に立ち寄ってくれたのは、自由生活者の方。
火をくれないか、とタバコをくわえながら言う。
マッチで火を付けてあげると、ありがとう、と言って、
お地蔵さんの更に奥の、ゴミ溜まりの上で寝始めた。すごい。



その後は、しばらくピタリ。誰も足を止めないのをいいことに、ちょっと離れて道ゆく方を観察。

kamocha20120603-1

見て、通り過ぎて行く。
それでもOK

 わ、お茶だ

気づいてくれるだけでいい。
こんなお茶、あるんだ。というだけで、大成功。

kamocha20120603-2
家元は、やっちゃいけないもんね、こんなこと。
だから私たちがやればいい。

風も気持ちよく、いい気分でのんびりしていると、

 あら、お茶してるわよ

女性の方。

 ん?

ご一緒の男性の方。
一服いかがですか、とお誘いすると、
状況があまり良く分からない風だったけど、じゃあ、と立ち止まって下さる。
60歳くらいでしょうか。明るく、オープンな雰囲気。

 へーいいわね。

そうでしょ、と円座をお渡し。
お食事へいらして、その帰りだそう。

本日の点前座。
頂き物の手作り茶碗と、印判の花蝶文茶碗。茶杓は自作、茶器は古い薬瓶。

kamocha21020603-3

いつもはレディファーストだけど、お電話がかかってきたようで、
まずは男性へ。

いい飲みっぷり。

 美味しかった、ありがとう!

こちらこそ、ありがとうございます。

女性が戻ってきた。
一服差し上げる。

 うん、美味しい。

うん、よかった!

お代はいいの?としきりに聞かれるので、
結構ですから、こんなことしていたよ、と宣伝だけしておいて下さい、
とお伝えする。

 そう?そしたら、話しておくわね。

じゃあ行きます、ごちそうさま、と歩いて行かれた。
オープンな雰囲気で品のある方たちだったな。



次に現れたのは、ホソミさん。何度かお会いしています。
お久しぶりです、一服どうぞ。

ゲストハウスを経営しながら、
ビジネスで中国へ行ったり、
歩き方研究していたり、
座禅したり、尺八吹いたり、と面白い方。

色々と人生相談をして、厳しいお言葉をたくさん頂いた。耳が痛い。

しばらくお話して、ホソミさんは
バイオリン弾きの外国の方と話してくる、
と言って河原へ降りて行った。

ゴミの上で寝ていた、自由生活のおじいさんは
いつのまにかどこかへ。

私も荷物を畳む。
7時でも、まだ明るさが残るな。
かばんに詰め込み、三条河原を後にした。


本日献上数:  3服
累計献上数:213服

【2012/06/11 01:35 】 | 鴨茶日誌 | コメント(0) | トラックバック(0) |
3つのTEA CUBE
日誌はさておき(さておいてはいけないんだけど。。。)、素敵なお知らせ。


お話は、3ヶ月ほど前にさかのぼる。
twitterでフォローした、@SadoSamuraiことMr.Adamより、ツイートが。


メレボルンのYarra川沿いでも茶振舞いが出来るCUBEを創意工夫中です。
@kamonkai 鴨ん会の方々、素敵!影響与えて頂き、感謝です。



Adamさんは、オーストラリア・メルボルンで、茶道の先生をしている方。
私たちの、CUBEの活動をご覧になったそう。
嬉しいです!是非作って、できたらまた教えてください!
と、メッセージをお送りしました。

そして先日。

Mr. Adamからメッセージが。


@kamonkai 鴨ん会の素晴らしい作為創意のお蔭で
THE CUBEのオーストラリアン・バージョンが出来ました!真に有難う御座います。



おおお!できたんだ!
と、お送り頂いたリンクから拝見すると。。。


どーん!
CUBE1

そう、Adamさんのは竹製!


Bamboo+cube_9_convert_20120201020207.jpg

道具もいいなぁ
風炉(瓶掛)のアイデアは素敵だ。



Bamboo+cube_6_convert_20120201020006.jpg




これで、TEA CUBEは世界に3つ。

New York, USA by Pierre Sernet
BL34050_convert_20120201022324.jpg


Kyoto, Japan by Kamon-kai
P1020268_convert_20120201023050.jpg


Melbourne, Australia by Adam Wojcinski
Bamboo+cube_10_convert_20120201020126.jpg

早速、TEA CUBEの創作者、Pierreさんにメールをお送りしたところ、暖かい返信をいただきました。
その中の一文、

’One Tea cube is strange, two is interesting, three is a trend....’

に、グッときた。
世界に広がれ、TEA CUBE!

written by fuku
【2012/02/01 01:45 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
2012年 鴨ん会 活動計画。
書きかけの日誌もあるけれど、
とりあえず据え置いて、本年の計画をば。
守れたことがないと、もっぱらの噂の計画ですが
今年も懲りずに立てます。。。


<2012年 鴨ん会計画活動>
 1月
 2月 鴨ん会 立春茶会in聖徳庵
 3月 鴨茶解禁 
 4月 花見茶会
 5月 
 6月
 7月
 8月
 9月 浮く茶室Project
10月 
11月 鴨茶終い
12月


今年はあまり詰め込まず、
面白そうだとか、盛り上がったらイベントを入れていきますよ。

しかし今年の鴨茶、ちょっとまともになります。
「定期的に」鴨茶する日を設定します!
3月から、毎月、第一日曜日。
時間は午前・午後と、その月によって変わりますが
場所は鴨川丸太町ちょい上ったところでします。
この日は守ってお茶します!

+他の日もしますよ。
たくさんお茶を差し上げるぞー

本年も、よろしくお願いいいたします!
もう18日だけど。

written by fuku

【2012/01/19 02:18 】 | 計画。 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。